PERSONA

なめてかかるとこうなる

PERSONAというゲームの話です.

敵がとてつもなくいやらしいということをすっかり忘れていました.

異界化学校ですでに進めなくなるという,

そういう現象にさいなまれています.

 

はなこさんがたくさん出てきたりすると,もう無理です.

その点の難易度は全く忠実,しかし,アガスティアの木はたくさん繁殖しているようなので,

安心です.

 

保健室のアガスティアの木の鉢植えを借りてこれればいいのにな.

PERSONA -1-

PERSONA

は,ゲームのタイトルです.

 

10年くらい前でしょうか,

プレイステーションで発売された,

ロールプレイングゲームです.

 

きのう,PSPでリニューアルされて販売されました.(4/29だと思います)

 

personaは,実に友人から攻略本をもらっても

挫折した経験のあるゲームでした.

 

確か2月下旬に予約をして,

そんな事,忙しさの中忘れていました.

 

昨日届き,早速やってみました.

昔とは大違いです.

すばらしく生まれ変わっています.

 

人それぞれ感じ方が異なるのでしょうが,

私は,よくぞここまでやってくれたという感じです.

 

ドラゴンボールの実写化を上回る衝撃を受けています.

(こういう場合,stunnedという表現が妥当でしょう.)

 

ゆきのさんの夢(カメラマンになること)が叶うんだよね,とか

南条家執事の山岡とか,

稲葉のマー君とか,(日ハムだか楽天だか分からない,エースの名前!)

ツーハンアクスとか.

 

ところで,昔,マー君が最初から持っているツーハンアクスって何だ?

という議論がありました.

アクスはaxeで斧という道具(武器?).

ツーハンの意味が分からない.

通販で買った斧なのか,

two hands(両手? both hands?)で持つ斧なのか,

とにかく,高校に斧を持って登校しちゃいかんでしょ.

 

あぁ,懐かしい.

昔は,セベクビル本社でgive upしましたわ.