« ジュード=マーベリック | トップページ | 夏の夕暮れに思ふ »

ゲリラ的英語化時代到来

うむ.暑い.
 
 
最近,「英語化」の波が「ゲリラ的」に押し寄せている.
 
どうやら,会社内の会議などを英語で行います,と言うことらしい.

 

好きにやったらいいのに,なぜそれがニュースになるのだろう.

まさか,日本全体に,会議・フォーマルな場では英語を使わねばならない,というルールが拡散し,

徐々にアジア圏へ拡がり,

最終的にアメリカに飛び火する,という,世界的規模のことなのだろうか.

う〜ん,これは日本国内のある一部だけで起こるだけという気がする.

それも,特に大企業.

更には,長続きしない.

 

つまり,「ゲリラ豪雨」と似た様相を呈しているのでは無いか?

類似点は,局所的かつ短時間であるが,一時の影響が極めて大きい.

 

まぁ,雨降って地固まるではないんだけれど,

土砂崩れが起きなければ良いな,と思う.

また,下流にも影響が出なければよろしい.

 
 

日本人の英語は,深刻である.

と,日本人の英語運用能力がやり玉に上げられる時が度々ある.

しかし,日本人は,英語運用能力以前に,日本語でも自己表現をしない国民であるので,

会議で自分の考えを主張することはしない.

議論なんてもっての外,論外.

論の外にいると言って良い.

もし,英語で全て表現せざるを得なくなったら,ますます自己表現が減ってしまう.

これは,日本人の存在意義の否定,につながる.

 

つまり,一見国際化を目指した方法であるが,鎖国へ向かうわけだ.

 

かつて黒船がやってきたとき,

「クニヲ ヒラキナサ〜イ」

ってペリーが言ったかどうか知らないが,

かなり温情をもって対応していただいた,と言うのが日本の立場である.

しかし,2度目はない.

再び鎖国すれば,

「あっ,そう.じゃあね」

となって,無事米軍基地問題も見事解決,外国の経済情勢に振り回されることは無くなる,

めでたし.

… 飛躍がありました.

 

まず,英語を使う以前に,

 ディスカッション法

 批判的思考を持つ方法 (クリティカルシンキング)

 プレゼンテーション法

などをきちんと学ぶ必要があると思われる.

 

あの,こういう話になったとき,

「学ばせる」

って,子供に向けてはいけないんですよ.

学ぶのは自分なんです.

教育論の一番の間違いは,自分は既に教育を終えている立場であり,

教育は子供が受けるモノだからね,

と,子供を盾にして,子供は国の財産,みたいなことにするけれど,

教育カリキュラムで強制的に学ばせるのではなく,

自然に子供が学び,知識を培うような環境の整備こそ大切,

と思うのはボクだけでしょうか.

 

つまり,必要な教育は行っている,

しかし成果・成績が上がらないのは,子供が学ばないから悪いのだ,

という,責任の所在は子供にあり,ということになるわけでして.

 

子供にとっては,

 聞いてないよ〜

どころの話ではない.

 

とにかく,日本語でいいから,外国人と対等に渡り合える人間になる,

ということで,あとは英語で表現できれば尚良し,

としないと,本末転倒なのだ

 

つまり,

 

有能な人間の第1条件は,英語運用能力が高いことである,

という流れになることを最も恐れているのだ.

 

英語さえ話せればよいのか,

話している内容には,知性のかけらも感じない.しかし,英語はぺらぺらである.

雑談は何とか通じても,会議では一切発言できない.

プレゼン能力は下の下,でも英語で喋っている.

こうなると,「ぺらぺら」の意味が少し皮肉を帯びてくる.

 

英語はぺらぺらでも,内容は薄っぺら.

 

いなかの大工の頭領が,

 オ〜,アイ アム カーペンター

 アイ メード ジス ハウス,オーケー

って言ってるは,あぁ,すげぇな,と思うけど,あまり聞きたくないし,

ましてや総理大臣が

 トラスト ミー

なんて言っているのも聞きたくない.

 

まずは,何を話すか,その内容のレベルで評価されるべきであって,

英語を使えるかどうかはその次,

としないといけない.

 

英語さえ話せればそれで良いんだ,ということならば,

アメリカでもイギリスでも,路上生活している人の方が,

一般的な日本人労働者よりも上ってことになるしね.

 

つまりは,

大工の棟梁は,

 俺が作ったこの家の,あの梁の部分があるだろ,

 そこに古材を使っているわけよ,

 古材ってのはな,耐久性に優れていて…

 まぁ,おめぇさんにはわっかんねぇだろうけどな.

って言いたいかもしれないし,

総理なら,

 とりあえず任せてもらえませんかね…

 できるだけ頑張ってみますから!

って言いたかったのかもしれない.

 

まぁ,通訳がいれば世界で通用する,有能な人間となることがまず第1歩である,という風潮が生まれてくる日はそう遠くないと思われる.

 

おまけに,ほんやくこんにゃくの開発も急がれる.

そうなったときには,言語の壁は一気に崩れ去ってしまうのだからね.

« ジュード=マーベリック | トップページ | 夏の夕暮れに思ふ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ジュード=マーベリック | トップページ | 夏の夕暮れに思ふ »