« ばね,その伸縮を羨む | トップページ | 残念だ »

あ〜ぁ

いや〜,今日も終わった.

 

ノルマ未達成.

 

明日は明日の風が吹く.

 

 

【鳩山首相に思う】

 

よくわからないから,鳩山首相の業績,人の良さなんかはどうでも良い.

 

ただ,端から見ていて,総理ってのはたいへんだな,の一言に尽きる.

 

ご苦労様でした.

 

 

いろいろとご批判・ご意見あろうが,

 

1.

辞職によって赦されるのか?

 

これは,不良学生の更生と似ている.

 

どういう事か,例を挙げよう.

 

 

松浪健四郎というちょんまげ議員がいる.

 

彼は,ヤジに怒ってコップの水をぶちまけた.

 

それが書記官にかかった事が問題だったのか,それとも撒いた事が問題だったのか良く知らないが,

 

結局陳謝することになる.

 

その際,ちょんまげを切って詫びた,という事があった気がする.

 

 

さて,このエピソード,ボクはとても不思議に思う.

 

ちょんまげってなんだ?

 

ちょんまげを切ったら赦してもらえるのだろうか?

 

 

ボクもそう人間ができていないから,人様に謝る事がある.

 

そのとき,ちょんまげがあれば,

 

「切ったので赦してください」

 

と言えるのだが,

 

実際ちょんまげは持ち合わせていないので,

 

こうしたので赦してください,

 

という,「カード」がない.

 

 

つまり,不良学生というのは,今後更生します,というカードを持っている.

 

そのカードの切り方で,罪を1つ消す事ができる.

 

ならば,他人からう〜ん,って思われるような,更生すべきカードをいくつも持っていた方が,今後有利であると言える.

 

 

鳩山なんてさっさと辞めちまえ,

だって,やつは○○したり,○○法案無理矢理通したりした極悪人だ,

 

って思っていたならば,総理の職を辞したというカードを出されても赦してはいけない.

 

 

なんか,鳩山さんかわいそう…

 

っていう空気を感じる.

 

反鳩山総理だった人は,

 

鳩山総理が職を辞した事に対しては,一生喜んで暮らすべきだ.

 

 

それが批判の代償である.

 

 

2.

限られた情報による判断に過ちはないか?

 

我々はメディアを通して情報を得ている.

 

メディアの報道は果たして公平だろうか?

 

 

福島瑞穂議員のちょっと前の言葉で意味が分からなかったものがある.

 

社民党はオムライス

みんな大好きオムライス

 

どういう意味だろう?

 

これだけでは意味不明だ.

 

あと,ぼくはオムライスよりもカレーの方が好きだ.

 

 

ごく最近,その福島発言の前が聞けた.

 

詳細は忘れたが,必要な前置きがあればなるほど,上記の言葉は,なかなか良い表現である.

 

つまり,メディアは,面白そうなところ,人気が出そうなところだけを切って使う.

 

何度も何度も繰り返して同じ場面を流す.

 

 

同じ事が鳩山首相の場合でも行われていただろう.

 

 

思えば,

 

 亀田家極悪論

 スノボー兄ちゃん極悪論(オリンピックの)

 朝青龍極悪論

 別に…,の姉ちゃん極悪論

 

例を挙げれば暇がない.

 

メディアは,極悪論を流し続けているのだ.

 

 

しかも,短期間で繰り返し繰り返し.

 

 

これは,メディアによるコントロールである.

 

陰謀である.

 

その事は知っておかねばならない.

 

 

3.

不感症になってないか?

 

ちょっと過激な表現であるが.

 

総理の交代を待ち望む,そういう気質が我が国に根付いてしまった.

 

これは,一国の総理が辞職に追いやられる,という一大事が,

 

極当たり前の事になってしまった事を意味している.

 

 

どういうことか.

 

現代において,我が国は,我が国だけで存在しているわけではない.

 

アメリカや中国,韓国.

 

勘弁してくれよ〜,っていう感じだろうな…

 

 

とにかく,外国で,毎年毎年,首相,大統領が変わっている国は,おそらくないだろう.

 

 

一国の首相が辞職する,それは国にとって一大事である.

 

しかし,なればこそ,一種の快感があるのではないか?

 

 

心臓のあたりがぞわぞわってする感覚,快感.

 

その快感が欲しいのである.

 

麻薬中毒者と全く一緒だ.

 

 

今回の一件は,非常に危ない.

 

なぜなら,わずか8ヶ月で首相交代,だからである.

 

これまで約1年だったのではないだろうか?

 

 

つまり,今後さらに,快感への欲求は高まり,

 

首相交代の周期は短くなるだろう.

 

 

長期政権維持のためは,大連立,報道規制の両者が必要である.

 

つまり,快感の欲求を満たすための「芽」を完全に断つのである.

 

巨大な野党と,メディアコントロールされた民を相手に,気丈に振る舞える小集団はそう居なかろう.

 

 

 

最近,鳩山・小沢は一蓮托生,云々

 

と言う話を聞いた.

 

 

実は,

 

首相・与党・国民もまた一蓮托生なのである.

 

この国家のルールに於いては.

 

 

つまり,今後我が国が被る不利益と,各個人に降り掛かるであろう義務は,粛々として甘受しなければならない.

 

 

首相批判を単なる個人の憂さ晴らしに使い,

 

その方向へメディアが導いたのだとしたら,

 

それは,なにか大きな枠組みの一線を越えてしまっている.

 

 

つまり,人を呪わば穴二つ,そういう事である.

 

 

我が国は呪われてしまったのだ.

 

 

 

« ばね,その伸縮を羨む | トップページ | 残念だ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/373179/35018262

この記事へのトラックバック一覧です: あ〜ぁ:

« ばね,その伸縮を羨む | トップページ | 残念だ »