« 工藤公康 | トップページ | ローソン »

LIAR GAME

世の中で本当のことってなんだろう?

昨日の爆問学問は録画し忘れて,結局生で見ましたが,

まさかデカルトの方法序説に見られる,我思う故に我在り,に発展するとは.

どうも,太田という人は「死」をどう捉えるかが気になっているようで,
他の生物がそれを認知しているのか,人間だけが…
という方向へ持っていきたいと考えているような気がする.

それはそれで良いんだが,私は,人間と他の生物で最も異なっている点は,
「死」ではなく,「時間」を認識していることにあるのではないかと思う.

時間の概念がなければ,農業も物理学も…死も…

そんなことは置いといて,
ウソも方便
という良い言葉がある.

うまく物事を進めようとしたときに,どうしてもウソがつきまとう.

人間は社会的生物という言葉にも表れているとおり,
社会性が人間社会にはあるが,
その社会を円滑に進めるためには,ウソ,も重要な要素である様な気がする.

ではなぜウソをつかかければならないか?

それは,言葉では表現しきれないから,時間稼ぎのため,
自分を一時的に守るため,などなど,いろいろ挙げられるが,
他の生物と人間の違いは,ウソをつくかどうかにもあるような気がする.

(でも,犬もウソをつくような気がするなぁ.最も言葉ではなく,行動でだけど)

ウソをつくという行為は,そのウソによってどのように物事が発展するかをすでに見据えており,やはり時間の概念を有する人間ならではのものではないかと思う.

つまりは,みんなウソつき遊びをしていることになるので,
何が本当かはわからなくなる,という,哲学的な話になっちゃうんだなぁ.

 

ウソと言えば,本気の嘘という歌がありますが,あれは良い歌だ.
あの歌を聴くチャンスはそう多くはないのが残念であるが,
今夜久々に起動してみようかな.

あぁ,かかなくても良いウソというのもある.
ウソというのは,どうやら女性にはすぐ見破られるものらしい.

ソフィーやシモーヌ,
女性にウソはどうやら通用しないようだ.

« 工藤公康 | トップページ | ローソン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 工藤公康 | トップページ | ローソン »