« 霧 | トップページ | 日食 in 仙台 »

将棋ゲーム

一時期,将棋に凝ったことがありまして,

遊んでいたタイトルは,「将棋最強2」ですけど,

このゲームは,はじめはなかなか勝てない.

 

平手でも勝負出来るんですけど,

途中の局面から進めるモード(100 + α)もありまして,

これもなかなか勝てない.

 

しかし,1ヶ月ぐらい続けてると,

コンピュータの手が見えてくる.

または,この手を打つと,こう来る,というのが読めてくる.

いわば,「直感」が磨かれる.

 

その瞬間に,次々に勝つことが出来るようになってきて,

あぁ,くだらない,

と思ってしまう.

 

しかし,それは本当にくだらない,または無意味なのか?

実はそうではない.

 

かなりの腕前を持った人と対戦しても,

「嫌な手を打つようになったねぇ」

と言われるまでになる.

 

つまり,明らかに強くなっている.

 

それを感じた瞬間,やめてしまった.

そこにおもしろいものはないと感じたのか,

それとも,いつでも同じ「高み」に上れるのだと感じたのか.

 

ただ,続けていればいまや敵なしの大名人になっていたに違いない.

 

継続することの重要性と,そのハードルを感じたエピソードである.

« 霧 | トップページ | 日食 in 仙台 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 霧 | トップページ | 日食 in 仙台 »