« 児童文学のすすめ −1− | トップページ | 降水ナウキャスト »

厚遇の仕方

お客さんがお越しになったとき,

どう応対すれば良いか,ということについてふと考えた.

 

日本人であれば,お茶と茶菓子を出して,お仕事とは関係のない話に花を咲かせれば良いかなと思う.

出来れば,先方の趣味などお話し頂ければとてもうれしい.

 

外国人に対してはどうしようか.

私は,筆ペンで漢字を書いて差し上げる.

木,林,森,一,二,三,...

そして,岩隈さんの帽子に書いてある,

と言う漢字の意味をお教えする.

 

案外驚かれる.

漢字には意味があり,ロマンチックなのだと.

 

絆という漢字は糸へんに半と書く.

糸の両端を半々に二人が持つイメージが,

人と人とのつながりを意味する.

 
 

...多分だけどね.

« 児童文学のすすめ −1− | トップページ | 降水ナウキャスト »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 児童文学のすすめ −1− | トップページ | 降水ナウキャスト »