« 冬至 | トップページ | クリスマス出張 »

UFOの存在について

最近,
 
UFOはいるかいないか?
 
という議論を聞くようになった.
 
 
そんなとき私は,
 
居酒屋で泥酔している訳じゃないんだから,
 
といつも答えをうやむやにする.
 
 
それは,存在の否定は容易にできないからである.
 
 
例えば,
 
裏山に埋蔵金があるかも,
 
って言われても,
 
絶対にない,
 
とは言い切れないのと同じである.
 
 
つまり,存在の否定はできない.
 
逆に,存在を肯定することは可能である.
 
証拠を見つければいいから.
 
 
ということで,今回の総理の言葉,
 
UFOは確認しておりません
 
は正しい表現である.
 
 
これは,まだ確認していないという意味を込めており,
 
UFOの存在を否定していないからである.
 
 
素晴らしい回答だ.
 
 
 
 
 
 
17世紀のフランスの数学者,物理学者,宗教家として名高い
 
パスカル
 
は,神の存在について議論している.
 
 
詳細は抜きにして,
 
パスカルは,神の存在を信じた方が良い.
 
と結論している.
 
[俗に,パスカルの賭け]
 
 
 
その論法によれば,
 
やはりUFOの存在も信じた方が良いということになる.
 
 
 
また,
 
なぜ,そのような質問がされたか?
 
が大変気になる.
 
つまり,
 
UFOの存在の是非に対する答えは,
 
決まっているのである.
 
にもかかわらず,そのような質問をしたとすれば,
 
質問者の知識は非常に浅はかであるというか,
 
野暮である.
 
 
 
 
また,防衛大臣が同様の問題について,
 
専門的かつ真面目に発言している.
 
あの発言は,若干飛躍があるものの,
 
大変素晴らしい内容である.
 
 
ただし,答えが出ない質問をされた時点で,
 
門前払いすべきだったのだろう
 
と思う.
 
 
つまり,
 
「その質問は愚問であり,検討に値しない」
 
と答えるのがおそらく100点だったと思う.
 
それで突っ掛かってくるようならば,
 
内容を説明して,愚問であることを認識させればよい.
 
 
 
 
 
次の質問は,
 
鶏と卵
 
かな?

« 冬至 | トップページ | クリスマス出張 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬至 | トップページ | クリスマス出張 »